カンデータ〜個人の無料競馬予想サイト

カンデータ〜個人の無料競馬予想サイトは、個人が毎週無料で競馬予想を公開しているホームページです。
競馬予想だけでなく購入馬券も公開しています。

ウインズにて

ウインズにて

            ジャパンネット銀行    
       
断然お得な手数料で24時間
        365日ご利用可能!
     インターネットを利用するIPAT方式。


 2008年2月11日
   月曜にウインズに足を運ぶのはいつ以来かな。代替競馬のためだ。祝日
  ではあったがウインズは閑散としていた。こんな時こそ来てくれるファンの
  ために、粗品でも配れば粋な計らいなのだが、そこまで気が回る競馬会では
  なさそうだ。ファンを大事にしない姿勢は今も昔も変わらない。唯一良くなった
  のは座れる場所の確保ぐらいだ。

 2008年 1月5日
 今年は日本手ぬぐいだった。前回も書いた
が、無料配布のみで、馬券購入はしない人の
多いこと、多いこと。無料配布を頂戴した後は
義理でも馬券を購入してくれよ。購入しない
のなら2回も3回も並ぶなよ。

 2007年12月9日  
    毎年JRAのカレンダーを頂戴している。
 今年もまたその季節がやってきた。去年も、
 思ったのだが、GTダービーや、有馬記念
 当日よりも混んでいる。同じ人が何度も
 並んでいるのは、こちらも理解している。
 しかし どう考えてもこの人出は以上だ。
 この人たち全てが、馬券を購入している
 のであれば、競馬会も安泰なのだが。
 馬券購入時に配布にすれば、モット良い
 カレンダーを配布することも可能なのかな?
 ATMなら、機械の下から出すようにも
 出来るだろう。通常窓口なら、手渡しも
 出来るだろう。盆と正月 お得意様に、
 お礼の粗品を配るのは商売の鉄則だろう。
 マア〜 この頃は、電話投票 インター
 ネット投票も有るので仕方が無いか。

 2007年7月29日
    暑い本格的に夏だ。ウインズはいつもと変わりない。GTの時は少しは
   人手が多いが、往年の賑わいと比較するのは酷なのかな。今日は特に、
   人手が少ないように思う。確かに各場のメインレースの出走頭数が少ない
   のもあるのだろうが。ウインズに足を運ばなくとも馬券の購入が出来る。
   ウインズに来るのは 殆どが50才以上の気がする。若い人の姿は数える
   ほどだ。いよいよ私も本格的に考えよう。そう思いながら時は過ぎていく。
   久しぶりに托鉢僧を見た。私にとっては疫病神だ。あ〜あ。  

 2007年3月4日
    3月なのに、この暖かさ どうなっているんだ。ウインズに続く道。大きな
   マスクをしている人が多い。しかしだ。その多くの人はウインズには入らない。
   ウインズに来る人の多くは年配の人だ。機械化されて多くの若者は電話
   ないしは インターネットでの購入になっているのだろう。逆に機械化に
   取り残された人は、昨今の花粉症とは無縁のようだ。馬券を購入していても
   マスクをしていく人は皆無だった。アナログ デジタル 世はデジタル化して
   いるが、花粉症はアナログ人間には無縁のようだ。ウインズを出るとマスクを
   している人が目に付く。どっちが良いのかな?
  
 2007年1月6日


 頂戴したフェイスタオル
  今年初めてのウインズだ。あいにくの天気
 だが人出は、いつもと変わらない。その中で
 長蛇の列は、フェイスタオルの無料配布だ。
 前年のカレンダー配布の時よりも、流れは
 スムーズだ。ハンカチ王子のブルー系では
 なかったが記念にしよう。寒さのせいか階段
 での座り込みは少ない。逆に考えれば、若者が
 少なくなった証拠なのかな?私もこの時期は、
 寒いので座り込んだことはなかった。競馬は
 年配者だけのギャンブルになったのかな?
 女性と若者は、このウインズに いったい何%
 いるのだろうか?競馬そのものが、ダサイの
 イメージがあるのかな?確かにウインズに
 向かう道は、明らかに、50才以上の人が多い。
 それとタバコだ。50才以上の歩きタバコが
 あまりにも多い。マナーも悪い。これでは女性 
 若者は敬遠するだろう。「今の若者は」と言っ
 ているが、歩きタバコは50才以上が圧倒的に
 多い。ダサい親父のダサい姿だ。みっともない
 から止めろ。競馬がメジャー明るいスポーツに
 ならない原因だ。それと汚い格好で来るな。
 モット小奇麗にしろ。


   
 2006年12月24日
   今年を締めくくる大一番、有馬記念だ。さすがに人は多い。これもひとえに
  ディープインパクト の人気によるところだろう。しかし今日はクリスマスイブだ。
  ウインズの人ごみは、クリスマスとはあまり関係のない人の感じがする。
  若い人はディープインパクト の走りが見たいだけのようだ。インターネットの
  普及で、わざわざウインズにまで、足を運ぶ必要がなくなったのだろう。
  有馬記念のウインズが、この程度の人ごみでは、私もこのままウインズに
  足を運ぶのも考えものだ。本格的に考えざるを得なくなる。時の流れは
  止められない思いだ。レジャーの多様化だけでは片付けられないとは思うが、
  馬券購入に、結びつかない今回のフィーバー、どう判断すればよいのかな。
  
 2006年12月10日

 今日はどうしても早く行かなければならない。
なぜならば、今日はカレンダーの無料配布が
ある。不思議なのは、9時前だというのに
カレンダーをもって 駅に向かっている人が
多くいた。馬券を購入している風ではなかった。
カレンダ−の配布は、馬券購入と 引き換え
でも良いのではと思う。どんな商売でも、顧客は
大事にする。JRA には過去から現在までどれだけお金を使ったことか。それでも JRA に
「毎度おおきに」の言葉はない。そんな商売は
聞いたことはない。私企業ならつぶれるよ。

                          過去の記事は

競馬予想ブログ
予想後日記(ブログ)
   祝勝記?
   反省記?

競馬予想と結果
(馬券コレクション)
個人の無料競馬予想サイト2008年の購入馬券

予想2007年の購入馬券

予想2006年の購入馬券

予想2005年の購入馬券

予想2004年の購入馬券

競馬予想の通算成績
(購入額・払い戻し額)
個人の無料競馬予想サイト2008年競馬予想成績

予想2007年競馬予想成績

予想2006年競馬予想成績

予想2005年競馬予想成績

予想2004年競馬予想成績

競馬入門
予想マークカードの書き方

予想馬券の買い方・
購入方法(場外売り場)


▲「カンデータ〜個人の無料競馬予想サイト」トップに戻る

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー